NEXT LEVEL

コロナ期間中で自粛を余儀なくされ、企画していた例会・事業を開催できなかった担当委員会の委員長達の思いを掲載しています。
開催できなかった悔しさを胸に、今後の糧として活動していきたいと思っております。

未知なる人材育成委員会

 私たちの委員会では、青少年育成に携わる委員会として活動しております。成長過程にある可能性を秘めたこどもたちに何を落とし込めるのか。地域の宝でもあるこどもたちにどうなってもらいたいのか。日々、委員会内で議論を重ねております。
 当初の予定では、5月にフジテレビで放送されている逃走中という番組をモデルにした事業を行う予定でした。小学生が逃走者となり、中高生がハンターとなって、制限時間内に逃げ切ることを目標としたものです。ハンターから逃げきるために、どのように行動すべきか。迫りくるミッションをどのようにクリアすべきか。自分一人ではどうにもならないことがたくさんあり、お互い困っている者同士で協力をし、他者に頼ること、他所に協力することの大切さを学んでもらえるような事業を目指しておりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う対外事業活動の自粛により、この事業の開催を延期するという判断を余儀なくされました。開催のめどはいまだに立っておりません。
 誠に残念ではありますが、それでも、私たち青年会議所メンバーは運動発信を行うべく活動をしております。この状況下でもできる発信。未来に繋がる発信。今後どのような発信をするのかは未定ですが、今年中に何らかの形で運動発信することをお約束し、挨拶と代えさせていただきます。