新型コロナウイルスへの対応について(2020/02/29)

新型コロナウイルスに関し、新型コロナウイルス感染対策専門家会議において「これから1、2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」との見解が示されたことを受け、政府により感染流行を早期終息させるための対策基本方針が決定されました。それにともない、2月27日には内閣府から公益法人に対して、イベント等の開催において全国一律の自粛要請を行うものではないものの、地域や企業に対して、多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は中止、延期または規模の縮小等の対応をとるよう要請がされました。
 つきましては、3月16日までの約2週間、当会においては事業の予定はありませんでしたが、多くの人数が集まる諸会議や事業の開催も感染拡大防止の観点から、中止、延期、またICTの活用(WEB会議)等の手法へ変更します。また、3月17日以降に諸会議や事業を開催する場合も、感染機会を減らすための工夫を講じてまいります。
 なお、これらの方策は、新型コロナウィルスの感染拡大の動向を注視しながら適宜見直しを行います。